スタディサプリを使った中学歴史の効率的な勉強方法

スタディサプリを使った中学歴史の効率的な勉強方法

歴史は正しい勉強をしていれば必ず成績が伸びる科目です。頭の良さやセンスは必要ありません。勉強量と成績が比例するのが歴史です。

 

もし勉強しているのに歴史の成績が良くないというのであれば勉強法を見直してみましょう。
歴史の勉強は暗記が中心だ」と思っていませんか?それでは成績は伸びません

 

タブレットやパソコンで学習するスタディサプリを使った中学歴史の勉強法を紹介します。
すぐに使ってみたい人はコチラから。

 

スタディサプリ/塾平均より年間24万円お得!? 月額980円(税抜)/テキスト代無料

 

歴史の勉強で暗記より先にすること

歴史の勉強では暗記しなければならないこともありますが、それが勉強の中心ではありません。暗記は後回しでOKです。

 

最初にやることは出来事の流れ、ストーリーを知ることです。
歴史的な出来事にはすべてそれが起こった理由があります。

  • どうして、そうしたのか?
  • どうして、そうなったのか?

という歴史のストーリを最初に知ることが大切です。

 

ドラマと同じようなものなので、無理して覚えようとする必要はありません。歴史の流れを意識して授業を聴いていれば、自然と頭に入ってきます。

 

スタディサプリの映像授業で歴史のストーリーを知る

ただし、学校の授業では歴史の流れがなかなか分からないと思います。

 

というのも、学校の場合は誰かがしゃべっていたりすると先生も注意しなければならないので、そこで授業の流れが途切れてしまうからです。

 

スタディサプリの動画授業であればこうした心配はいりません。
しかも、授業を行っているのは一流の講師。

 

歴史の流れが頭に入る授業

ついつい引き込まれてしまう話し方で授業が進んでいきます。
夢中で聴いていることで自然と歴史の流れは頭に入っているものです。

 

そのあとで、年号や制度の名前など暗記しなければならないものをまとめて覚えれば、スッと頭に入ってきます。

 

いきなり暗記しようとすると記号にしか思えない制度の名前や人の名前も、歴史のストーリーを知ってからだと頭に残りやすいものです。

 

暗記が苦手で歴史の成績が悪いという人は、ぜひスタディサプリ(2016年2月までは勉強サプリという名称でした)を使ってみてください。

 

スタディサプリ公式サイトはコチラ

スタディサプリ/塾平均より年間24万円お得!? 月額980円(税抜)/テキスト代無料

PR


 
効率的な勉強法 まとめ年表 テーマ別まとめ 各時代の文化 キーワードで覚える