天平文化の問題(中学歴史)

天平文化に関する確認問題(中学歴史レベル)

中学歴史レベル(高校入試レベル)での天平文化に関する確認問題を作成しました。

 

天平文化の一問一答

【問題】【解答】
天平文化は( )中心の仏教文化貴族
( )天皇の時代を中心に栄えたのが天平文化聖武
全国各地で仏教を広めるとともに橋や道路をつくった人物は?行基
失明しながらも来日した唐の僧は?鑑真
東大寺の正倉院は( )造の代表的な建築物です校倉
天武天皇の指示により作られた2つの歴史書は?古事記と日本書紀
各地の自然や産物を記した書物は?風土記
最古の和歌集は?万葉集
最古の漢詩集は?懐風藻
鑑真が建てた寺は?唐招提寺

 

天平文化のポイント

天平文化は奈良時代の聖武天皇の頃に栄えた文化です。
中学歴史で習う順番だと、飛鳥文化→天平文化(奈良)→国風文化(平安)です。

 

特徴は、仏教や唐の影響を受けていること。
ただし、日本初の仏教文化というのは間違いです。

 

飛鳥文化日本初の仏教文化です。天平文化の特徴を選ばせる選択肢に「ひっかけ用」として使われることが多いので、間違えないようにしましょう。

 

間違いやすいので要注意
万葉集と懐風藻
  • 万葉集…最古の和歌
  • 懐風藻…最古の漢詩
鑑真と行基
  • 鑑真…失明しながら来日した唐の僧、唐招提寺を建てた
  • 行基…各地に橋や道路をつくった
聖武天皇と天武天皇
  • 聖武天皇…天平文化の中心、東大寺の正倉院に遺品
  • 天武天皇…古事記日本書紀の作成を指示

 

天平文化の一問一答チェック

上に掲載した表からランダムに5問が出題されます。

問題解答
問題1答え1
問題2答え2
問題3答え3
問題4答え4
問題5答え5

赤い部分をクリックすると正解が表示されます。

違う問題で確認

ココをクリックすると問題が再作成されます

何回も挑戦してみてください。

 

関連ページ

PR

page top