足利義満に関する年表と関連事項

中学歴史の人物年表(足利義満)

室町幕府の第3代将軍が足利義満です。

 

足利将軍の中では初代の尊氏、8代の義政と並んで教科書で取り上げられることが多い人物ですのでポイントを整理して覚えておきましょう。

 

足利義満に関する中学歴史レベルの年表
西暦足利義満に関する出来事その他の出来事
1358年誕生 
1387年室町に幕府を移す
1392年南北朝の合一
1394年太政大臣となる
1397年金閣寺建立
1404年日明貿易が始まる
1408年死去

 

足利義満に関するポイント

1338年に足利義満の祖父にあたる足利尊氏が京都に幕府を開きましたが、北朝と南朝にわかれている状態で内乱は続きました。

  • 北朝…足利尊氏(京都)
  • 南朝…後醍醐天皇(吉野)

 

南朝の勢力がおとろえてきたことで、北朝と合一させたのが足利義満です。その前に京都の室町に花の御所とも呼ばれる邸宅を立て、ここで政治を行うようになっていました。

 

室町幕府と呼ばれるのようにったのは義満が室町に建てた邸宅(花の御所)で政治行なっていたから。花の御所が描かれている作品として狩野永徳洛中洛外図屏風も覚えておきましょう。

 

文化面では義満は観阿弥世阿弥親子と保護し、猿楽・田楽をとして完成させました。

 

足利義満の日明貿易と平清盛の日宋貿易

1368年に中国では元がほろび明がおこります。
この明と国交を開き貿易を始めたのが義満です。

 

明からは生糸、絹織物などが輸入され、日本からは銅や刀剣などが輸出されました。この日明貿易では勘合(かんごう)と呼ばれる札を使っていたことから勘合貿易とも呼ばれます。

 

中国との間の貿易では日宋貿易という言葉も出てきますが、これは平清盛が力を入れていたもの。中国は宋→元→明と変わっています。

 

足利義満の北山文化と足利義政の東山文化

足利義満は室町時代の文化にも影響を与えています。
比較されることの多い8代将軍の義政との違いをまとめました。

北山文化東山文化
足利義満(3代将軍)足利義政(8代将軍)
金閣寺銀閣寺
観阿弥、世阿弥の能雪舟の水墨画

足利義政のあとつぎ問題をめぐって細川氏と山名氏が対立したことから応仁の乱が始まります。

PR

page top