伊藤博文の年表とポイント(中学歴史)

中学歴史の人物年表(伊藤博文)

伊藤博文(いとうひろぶみ)は初代内閣総理大臣として教科書にも必ず出てきます。
名前は「ひろふみ」ではなく「ひろぶみ」。

 

少し前まで千円札の肖像画にもなっていました。今の千円札の肖像画が野口英世(2004年から)で、その前が夏目漱石(1984年から)、その前が伊藤博文(1963年から)です。

 

明治の歴史ではたびたび登場する人物ですので、しっかりポイントを押さえておきましょう。
まずは関連する年表からチェック。

 

伊藤博文に関する中学歴史レベルの年表
西暦伊藤博文に関する出来事その他の出来事
1841年誕生 
1871年岩倉使節団の一員として渡欧廃藩置県
1873年征韓論
1881年政府内で発言力を高める明治十四年の政変
1882年憲法調査のため渡欧
1885年初代内閣総理大臣となる 
1889年大日本帝国憲法発布
1895年日清戦争終結
1909年ハルビンで暗殺される 
1910年韓国併合

 

伊藤博文に関するポイント

伊藤博文に関して最初に覚えておきたいのは初代の内閣総理大臣だということです。
ちなみに現安倍首相は第96〜98代内閣総理大臣です。

 

伊藤博文が初代の内閣総理大臣になったのは1885年。
大日本帝国憲法が発布される(1889年)よりもというのがポイント。

 

年表の並び替え問題では「伊藤博文が初代内閣総理大臣に就任」→「大日本国憲法発布」が正しい順番です。間違えないようにしましょう。

 

なお、伊藤博文は第5代、第7代、第10代総理大臣にも就任しています。
(ちなみに、第2代内閣総理大臣は黒田清隆)

 

ライバル西郷隆盛と征韓論で対立

征韓論をめぐり伊藤博文らと対立したのが西郷隆盛。

 

欧米の視察から戻った大久保利通らとともに国力の充実が先決であると主張しました。征韓論に敗れた西郷が政府を去ることとなります。

 

ライバル大隈重信と憲法観で対立

自由民権運動が高まる中で目指す憲法の姿をめぐり対立が起きます。

 

ドイツ(プロイセン)型の憲法を目指すべきとしたのが伊藤博文。
イギリス型の憲法を目指すべきとしたのが大隈重信。

 

伊藤博文らが政府内で勝利し、発言力を高めることとなりました(明治十四年の政変)。

PR

page top