中学歴史の重要人物に関する年表とポイント(西郷隆盛)

中学歴史の人物年表(西郷隆盛)

西郷隆盛は中学の歴史では明治維新、征韓論西南戦争など重要なトピックで登場する人物です。年表とあわせて整理して覚えておきましょう。

 

西郷隆盛に関する中学歴史レベルの年表
西暦西郷隆盛に関する出来事その他の出来事
1827年誕生 
1837年大塩平八郎の乱
1866年薩摩藩の実力者薩長同盟
1868年新政府側の中心戊辰戦争
1871年欧米使節団(岩倉具視ら)
1873年征韓論で政府を去る
1877年反政府側の中心西南戦争
西南戦争に敗れ死去

 

西郷隆盛に関するポイント

西郷隆盛が誕生したのは江戸時代の後期。1827年で11代将軍徳川家斉のときです。
出身は薩摩藩(鹿児島県)。薩摩藩というのは西郷のキーワードのひとつです。

 

下級武士でしたが薩摩藩の中で頭角を現し、討幕運動では中心的な役割を果たします。同じく薩摩藩で中心となっていたのが大久保利通。ともに薩長同盟を結んだときの中心人物です。

 

ポイント整理「薩長同盟を結んだ中心人物」
  • 薩摩藩 … 西郷隆盛、大久保利通
  • 長州藩 … 高杉晋作、木戸孝允
  • 土佐藩 … 坂本龍馬

 

戊辰戦争と西南戦争

軍人としての側面が強い西郷隆盛に関して覚えておきたいのは2つの「戦争」。
戊辰戦争と西南戦争です。

 

戊辰戦争は旧幕府を倒した戦争。
西郷は新政府軍の中心人物として活躍しました。

 

その後、新政府にも参加しますが、征韓論の対立から政府を去ります。
西郷は武力を使ってでも朝鮮に開国を迫る立場を取っていました。

 

政府を去った西郷の元に新政府への不満を持つ士族が集まり、反政府の戦いを起こしたのが西南戦争です。この戦いに敗れ、西郷は亡くなりました。

PR


 
効率的な勉強法 まとめ年表 テーマ別まとめ 各時代の文化 キーワードで覚える