中学歴史のまとめ年表や問題など定期テスト対策に

記念受験(高校)で逆転合格するための勉強方法がコレ

受かればラッキーという気持ちで自分の偏差値・実力よりも上の学校を受験することを記念受験といいますが、この記念受験で奇跡の合格をしてしまう人がいます。

 

落ちてもともとなのでプレッシャーがないことも原因のひとつですが、記念受験で合格するための要因はそれ以外にもあります。せっかく受験するのであれば、少しでも合格する可能性を上げるための準備をしておきましょう。

 

記念受験で逆転合格に必要な条件

記念受験で合格するために必要なことは受かったらラッキーという気持ちは捨てることです。絶対に受からなければならないというのはプレッシャーになってしまいますが、気を抜きすぎてしまうのは禁物です。

 

落ちてもともとという気持ちでリラックスするのは大切ですが、それがいい加減な気持ちになってしまってはいけません。あくまで全力で問題に取り組む必要があります。

 

その上で必要なのは選択と集中
記念受験ということは自分のレベルではとても解けない問題もあるはずです。

 

そうした問題は思い切って捨てる(時間をかけない)ことが必要です。
その分、ほかの問題でしっかり稼げばOKです。

 

どんな高校の入試問題も難易度が低いものから高いものまで混在しています。
難易度が低い問題を確実に正解する。これが逆転合格には絶対の条件です。

 

合格圏内に達している人はすべての問題を解こうとするため、こうしたカンタンな問題で見落とし。ケアレスミスなどをしてしまうこともあります。ここに逆転のチャンスがあります。

 

難易度が高い問題は合格圏内の人にとってもカンタンに正解出来るわけではありません。合格に必要なのは合格点を取ること。難易度の高い問題は一問あたりの配点は高くても、問題数が多くないので、トータルで見れば難易度の低い問題のほうが配点が大きいとものです。

 

難易度の高い問題は捨てて、難易度の低い問題で稼ぐ
これが記念受験で合格するためには必要な条件です。

 

国語の読解問題に全神経を集中させる

難関校の受験でも高得点が取れる可能性があるのは国語(現代文)の読解問題です。

 

読解問題は偏差値が届いている学校だったとしても、思わず取りこぼしてしまうことが多いだけに、反対にハマれば高得点も可能です。

 

また、事前の対策が難しいだけに高得点のチャンスが誰にでも平等にあります。
そのチャンスを生かすには、ココでも選択と集中。

 

古文と漢文がまったくダメだというなら、そこに時間はかけずに読解問題を集中して読むことに時間を割きましょう。古文、漢文の時間をなくして、2回、3回と読めば、1回では気がつかなかったことも見えてきます。

 

他の科目で難易度の低い問題を確実に正解しておけば、この国語の読解問題のプラスアルファで合格圏内に入ってくるものです。

 

難易度の低い問題を確実に正解するための勉強法

難関校でも基礎問題、サービス問題はあります。難しい問題は捨てて、こうした問題を確実に正解することが記念受験だからこと出来る捨て身の受験法。合格圏内に達している人の中には、すべての問題を解こうとして、簡単な問題で取りこぼしてしまう人が何人もいます。

 

そうした人に代わって、合格圏内に入ることが逆転合格の近道です。
そのための勉強は簡単な問題を確実に正解できるようにすること。

 

応用レベルの問題ではなく、基礎レベルの問題を解くことが必要です。
ただし、目標は正解率100%。

 

こうした勉強は本命校の受験にも役立ちます。
基礎レベルの問題演習に向いているのは勉強サプリというソフトです。

 

映像授業と問題演習の2本立てで、基礎力がつくようになっています。
ぜひ、記念受験で合格するための勉強法として活用してみてください。

 

勉強サプリ/今なら1週間お試し無料

PR


 
効率的な勉強法 まとめ年表 テーマ別まとめ 各時代の文化 キーワードで覚える