学校の定期テストレベルの中学歴史まとめ年表

中学歴史のまとめ年表(昭和時代その1)

昭和時代前期(戦前)の流れ

満州の権益をめぐって日本と中国の間で争いが起こります。国際連盟は日本軍の引き上げを勧告しますが、これに反対した日本は国際連盟を脱退。中国との全面戦争となり、これが停滞すると、戦線の拡大を求めて太平洋戦争へと突入していきます。

 

中学歴史年表(昭和時代前期)
1927年金融恐慌
1929年世界恐慌
1931年満州事変
1932年五・一五事件
1933年国際連盟を脱退
1933年ドイツにヒトラー政権成立
1936年二・二六事件
1937年日中戦争がはじまる
1938年国家総動員法の成立
1939年第二次世界大戦
1940年日独伊三国同盟
1941年太平洋戦争がはじまる
1945年ポツダム宣言の受諾
1945年国際連合の成立
1945年財閥解体
1945年女性参政権の実現

 

定期テストでのポイント

軍部が起こしたのが五・一五事件と二・二六事件。

 

五・一五事件は、海軍の将校が犬養毅首相を暗殺した事件。これにより政党政治が終わり、軍人中心の内閣となります。

 

二・二六事件は、陸軍の将校が政府の要人を襲った事件。これにより軍部の発言力が強まりました。

 

年表確認問題

次の出来事を起きたのが古い順に並べなさい。

  • (ア) 二・二六事件
  • (イ) 国際連盟を脱退
  • (ウ) 日中戦争がはじまる
  • (エ) 国家総動員法の成立

 

年表確認問題の答えと解説

日中戦争開始後、資源を議会の承認なしで戦争に使えるようにしたのが国家総動員法です。

 

答え.(イ)→(ア)→(ウ)→(エ)

PR


 
効率的な勉強法 まとめ年表 テーマ別まとめ 各時代の文化 キーワードで覚える