中学歴史に出てくる「ナントカの乱」を一覧形式でまとめました

中学歴史に出てくる「ナントカの乱」一覧まとめ

中学の歴史で習う「ナントカの乱」を一覧形式でまとめてみました。

 

同じような名前があって混乱して覚えにくいですよね。定期テストで出そうな重要なものを中心にピックアップしたので確認してみてください。

 

ちなみに、「」と名前がつくのは、そのときの幕府や朝廷など権力に対して反乱を起こしたが、鎮圧されてしまった戦いのことです。成功した場合は「変」となります。

  • 「ナントカの乱」…失敗した反乱
  • 「ナントカの変」…成功した反乱。本能寺の変など。

このほかに全国的な戦いも「乱」とします。応仁の乱など。

中学歴史に出てくる「ナントカの乱」

ナントカの乱年号時代主役(※1)相手側
壬申の乱672年飛鳥大友皇子大海人皇子(天武天皇)
平将門の乱935年平安平将門平貞盛、藤原秀衡
藤原純友の乱939年平安藤原純友源経基
保元の乱1156年平安崇徳上皇、藤原頼長後白河天皇、平清盛、源義朝
平治の乱1159年平安源義朝平清盛
源平の内乱1180年平安源氏と平氏
承久の乱1221年鎌倉後鳥羽上皇北条氏(鎌倉幕府)
応仁の乱1467年室町細川氏と山名氏
島原の乱(※2)1637年江戸島原・天草のキリスト教徒江戸幕府(徳川家光)
由井正雪の乱1651年江戸由井正雪江戸幕府
大塩平八郎の乱1837年江戸大塩平八郎江戸幕府
太平天国の乱1851年江戸洪秀全清(中国)
佐賀の乱1874年明治江藤新平明治政府
東学の乱(※3)1894年明治東学の信徒朝鮮政府
  • ※1…主役というのは反乱を起こした側。「乱」とつくものは失敗した反乱なので、相手側に敗れています。
  • ※2…最近の教科書では「島原・天草の一揆」という名称のほうが一般的です。
  • ※3…甲午農民戦争とも言います。

 

セットにすると覚えやすいもの

紛らわしいものが多い中でセットにすると覚えやすいものがあります。

 

ひとつは「平将門の乱」と「藤原純友の乱」。
これはどちらも地方での武士の反乱です。

 

もうひとつは「保元の乱」と「平治の乱」。
この2つにより武士が政治の世界で権力を握ることとなります。

 

PR


 
効率的な勉強法 まとめ年表 テーマ別まとめ 各時代の文化 キーワードで覚える