学校の定期テストレベルの中学歴史まとめ年表

中学歴史のまとめ年表(南北朝時代)

南北朝時代の流れ

二度の元寇による出費で武士の生活が苦しくなったことや北条氏への不満から鎌倉幕府の力が弱まります。代わって後醍醐天皇が天皇中心の政治の復権を目指しましたが、武士の不満が高まり、この中心だった足利尊氏が北朝をたてて後醍醐天皇の南朝と対立することとなります。

 

中学歴史年表(南北朝時代)
1333年鎌倉幕府がほろぶ
1334年建武の新政
1336年後醍醐天皇が吉野に移る
1336年南北朝の対立
1338年足利尊氏が征夷大将軍となる
1368年元がほろび明がおこる
1378年足利義満が室町に幕府を移す

 

定期テストでのポイント

南北朝時代はおよそ60年続きます。
定期テスト対策としては、どちらが南朝でどちらが北朝かを整理しておきましょう。

  • 北朝…京都、足利尊氏
  • 南朝…吉野(奈良)、後醍醐天皇

 

年表確認問題

次の出来事を起きたのが古い順に並べなさい。

  • (ア) 足利尊氏が征夷大将軍となる
  • (イ) 後醍醐天皇が吉野に移る
  • (ウ) 足利義満が室町に幕府を移す
  • (エ) 建武の新政

 

年表確認問題の答えと解説

後醍醐天皇が吉野に移り南朝を起こした後に、 足利尊氏が北朝から征夷大将軍に任命されます。

 

答え.(エ)→(イ)→(ア)→(ウ)

PR


 
効率的な勉強法 まとめ年表 テーマ別まとめ 各時代の文化 キーワードで覚える