中学歴史の重要人物に関する年表とポイント(岩倉具視)

中学歴史の人物年表(岩倉具視)

岩倉具視(いわくらともみ)は明治維新で活躍した公家出身の人物。
中学校の教科書では岩倉使節団などでも登場します。

 

いまから30年ほど前(1985年)まで流通していた500円札の肖像画にもなっていました。関連する年表をまとめたのでチェックしてみてください。

 

岩倉具視に関する中学歴史レベルの年表
西暦岩倉具視に関する出来事その他の出来事
1825年誕生 
1858年朝廷側で日米修好通商条約の勅許を阻止日米修好通商条約(井伊直弼)
1866年公家として倒幕に加わる薩長同盟
1871年新政府に右大臣として加わる廃藩置県
岩倉使節団の全権大使になる岩倉使節団が欧米諸国に出発
1873年征韓論に反対「征韓論」論争
1881年 国会開設の勅諭
1883年死去 
1889年 大日本帝国憲法の発布

 

岩倉具視に関するポイント

中学歴史でまず覚えておかなければならないのは岩倉使節団。

 

これは不平等条約の改正と欧米諸国の政治、社会のしくみを視察する目的で長期間にわたり(1871年から1873年)各国を回ったもの。

 

全権大使が岩倉具視だったことから、岩倉使節団との名称になっています。
使節団のメンバーには、

  • 伊藤博文
  • 大久保利通
  • 木戸孝允
  • 津田梅子

など教科書でも出てくる人物がほかにもいました。

 

ちなみに、不平等条約改正の目的はこの使節団では達成できず、日露戦争後にやっと達成することとなります。

 

岩倉具視は不平等条約(治外法権、関税自主権の放棄)であった日米修好通商条約の締結に朝廷側で反対していたことも興味深いですね。覚えておきましょう。

 

PR


 
効率的な勉強法 まとめ年表 テーマ別まとめ 各時代の文化 キーワードで覚える