平清盛に関する年表と関連事項

中学歴史の人物年表(平清盛)

平安時代の末期に武士中心の政治を行ったのが平清盛です。中学歴史では源氏との戦いなど教科書に出てくるトピックが多いので年表とともに整理して覚えましょう。

 

平清盛に関する中学歴史レベルの年表
西暦平清盛に関する出来事その他の出来事
1118年誕生 
1156年後白河天皇側で活躍保元の乱
1159年源義朝を滅ぼす平治の乱
1167年太政大臣になる
1180年源平の内乱(〜85年)
1181年病死
1185年壇ノ浦の戦い

 

平清盛に関するポイント

平清盛が生まれたのは平安時代の1118年。藤原氏による摂関政治に代わり、白河上皇らによる院政が始まった少しあとの時代です。

 

この頃から全国各地の武士が力をつけてきました。そうした中で院政の実権をめぐる争いが起きます。それが保元の乱平治の乱

 

ここで活躍したことで平清盛が政治の中心に出てきます。
清盛は自分の娘を天皇の后とすることで、より強大な権力を握ります。

 

自分の娘を天皇の后にするというのは藤原氏が行っていたのと同じ。
一族にあまりに権力が集中したことで反感を買うことになったのも同じです。

 

平治の乱で源義朝を滅ぼしましたが、義朝の子である頼朝を逃した(伊豆に流した)ことで、やがて頼朝率いる源氏に滅ぼされることとなってしまいました。

 

保元の乱と平治の乱の比較
保元の乱平治の乱
1156年1159年
後白河天皇 vs 崇徳上皇平清盛 vs 源義朝
平清盛と源義朝はともに後白河天皇側で貢献義朝の子の頼朝は伊豆へ

 

日宋貿易

平清盛で覚えておきたいことには日宋貿易に力を入れたことです。
大輪田泊(現在の神戸市)に港を整備したのが清盛です。

  • 宋からの輸入品…絹織物、陶器、宋銭
  • 宋への輸出品…金、刀剣、扇

 

日明貿易は足利義満

中国との貿易ということでは中学の歴史では日明貿易も出てきますが、こちらは室町時代の足利義満が力を入れたもの。別名で勘合貿易とも呼ばれます。

 

間違えないようにしましょう。

  • 日宋貿易 … 平清盛(平安時代)
  • 日明貿易 … 足利義満(室町時代)、別名で勘合貿易とも呼ばれる。

 

源平の戦いへ

権力を握った平清盛が後白河法皇を幽閉し、独裁的な政治を行うようになったことで貴族や地方の武士たちの間で兵士に対する不満が高まりました。

 

こうした中で後白河法皇の子の以仁王(もちひとおう)が兵士打倒を呼びかけ、源頼朝源義仲が挙兵し、源平の戦いへとつながりました。

PR

page top