中学歴史出てくる宗教関連のキーワード一覧(崇仏論争、鎮護国家など)

中学歴史出てくる宗教関連のキーワード一覧

時代別に見た主な宗教

中学歴史出てて来る宗教を時代別に関連キーワードとともに一覧にしました。

古代の宗教

神道 日本古来の宗教。神社などで祭祀が行われる 自然崇拝、八百万の神
仏教 6世紀に大陸から伝来 法隆寺、飛鳥寺
崇仏論争(すうぶつろんそう)

仏教伝来時の推進派と反対派の論争。推進派は蘇我氏、反対派は物部氏。反対派は日本古来の神の怒りを招くと主張。

 

奈良時代の宗教

仏教 大仏や東大寺などが建立され、仏教文化が発展 聖武天皇、鎮護国家
鎮護国家(ちんごこっか)

仏教の力によって国を守ろう・安定させようという考え方。聖武天皇が採用。

 

平安時代の宗教

天台宗(仏教) 最澄(さいちょう)が広める 比叡山延暦寺、伝教大師
真言宗(仏教) 空海(くうかい)が広める 高野山金剛峯寺、弘法大使
密教(みっきょう)

最澄や空海が中国から持ち込んだ新しい仏教で、山寺などでの修行を重んじ、祈りやまじないを伴うもの。

 

鎌倉時代の宗教

武士が登場したことで戦乱の続く世の中になり、その中から鎌倉仏教と呼ばれる新しい仏教が生まれるのがこの時代です。

浄土宗(じょうどしゅう)

法然(ほうねん)が広める 南無阿弥陀仏と唱える

浄土真宗(じょうどしんしゅう)

親鸞(しんらん)が広める 一向宗とも呼ばれる。悪人も救われる

法華宗(ほっけしゅう)

日蓮(にちれん)が広める 日蓮宗とも呼ばれる。南無妙法蓮華経と唱える

時宗(じしゅう)

一遍(いっぺん)が広める 念仏踊り

臨済宗(りんざいしゅう)

栄西(えいさい)が広める 禅宗のひとつ

曹洞宗(そうとうしゅう)

道元(どうげん)が広める 禅宗のひとつ
鎌倉仏教=新しい仏教、では古い仏教は?

鎌倉仏教は新しい仏教とされていますが、鎌倉仏教より前の仏教(古い仏教)には南都六宗と呼ばれる奈良時代からある仏教と平安二宗と呼ばれる平安時代に発展した仏教があります。

 

室町時代、戦国時代の宗教

鎌倉時代の新しい仏教が広まるとともに、キリスト教が入ってきたのがこの時代です。

禅宗

幕府の保護を受け広まる 五山の制度

キリスト教

ザビエルが来日し広める キリシタン大名(大友宗麟、大村純忠、小西行長ら)
バテレン追放令(キリスト教の禁止)

豊臣秀吉は天下統一の妨げになると考え1587年にキリスト教の信仰を禁止するバテレン追放令を出しました。

 

江戸時代の宗教

キリスト教を禁止した江戸幕府は、秩序・体制を維持するために儒教を利用しました。

儒教

古代の中国で孔子が広めた教え 朱子学
寛政異学の禁(かんせいいがくのきん)

寛政の改革で松平定信が出した朱子学以外の学問を禁止する命令。

 

明治・大正時代の宗教

江戸時代に禁止されていたキリスト教は解禁され、政府は神道を保護することとなりました。

神道

仏教伝来前からある日本古来の教え 神仏分離令、廃仏毀釈
廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)

神道を国教化しようとする動きの中で出てきた仏教を廃止する運動。