中学歴史の重要人物「天皇、上皇、法皇」

中学歴史に出る重要人物「天皇、上皇、法皇編」

中学歴史に出てくる天皇上皇法皇の重要人物を一覧形式でまとめました。

 

天智天皇天武天皇後鳥羽上皇後醍醐天皇などウロ覚えだとテストでどちらのことがわからなくなってしまいますよね。覚えやすいように表形式で整理しました。

 

中学歴史に登場する天皇、上皇、法皇

天皇読み属性重要事項関連人物
仁徳天皇にんとく大仙古墳が仁徳天皇陵と伝えられている
雄略天皇ゆうりゃく倭の五王の武にあたるとされている
推古天皇すいこ日本初の女性天皇冠位十二階、十七条の憲法聖徳太子
孝徳天皇こうとく中大兄皇子らが蘇我氏を滅ぼした後に即位
天智天皇てんじ中大兄皇子が即位乙巳の変で蘇我氏を滅ぼす、庚午年籍(全国的な戸籍)を作成藤原鎌足
天武天皇てんむ大海人皇子が即位八色の姓を設ける、古事記、日本書紀の編纂を命じる大友皇子
持統天皇じとう天武天皇の妻藤原京に遷都
文武天皇もんむ妻の父が藤原不比等大宝律令を制定藤原不比等
元明天皇げんめい平城京に遷都(奈良時代の始まり)
聖武天皇しょうむ妻の父が藤原不比等仏教によって国を治めようと国分寺、国分尼寺、東大寺を建立行基
孝謙天皇こうけん聖武天皇の娘重祚して称徳(しょうとく)天皇となる道教
桓武天皇かんむ平安京に遷都、蝦夷と戦い東北地方を平定坂上田村麻呂

(摂関政治)

醍醐天皇だいご紀貫之らに古今和歌集の編纂を命じる菅原道真
後三条天皇ごさんじょう摂関政治から天皇中心の政治へ
白河天皇しらかわ上皇、法皇として政治の実権を握る(院政
後白河天皇ごしらかわ保元の乱で崇徳上皇に勝利平清盛、源義朝

(平氏、源氏政権)

後鳥羽上皇ごとば承久の乱を起こすも北条氏に敗れ、隠岐の島に流される
後醍醐天皇ごだいご南朝鎌倉幕府を滅ぼし、建武の新政を行う楠木正成
光明天皇こうみょう北朝足利尊氏

(徳川政権)

孝明天皇こうめい妹は和宮和宮は徳川14代将軍の妻
明治天皇めいじ一世一元の制

上皇(じょうこう)とは、退位した天皇のこと。
法皇(ほうおう)とは、出家した上皇のこと。

重祚(ちょうそ)とは退位した天皇が再び即位することで、中学歴史の範囲では孝謙天皇が重祚して称徳天皇となったことを覚えておけば十分。

 

中学歴史での天皇の位置づけ

天皇は古代から現代までずっと続いていますが、「中学歴史」という枠組みで見ると、登場する時期は限られています。まずは古代から平安時代の初め(桓武天皇)まで。

 

天皇中心の国づくり

ここでは倭(日本)という国づくりをするうえで天皇が中心的な役割を果たしていました。古事記、日本書紀の編纂を命じた天武天皇や仏教で国を治めようとした聖武天皇などです。

 

平安時代に入り摂関政治が全盛期になると天皇は中学歴史上は「お休み」。

 

摂関政治からの復権(院政)

そこで、摂関政治から天皇中心の政治へ再び戻そうとしたのが、後三条天皇から後白河天皇あたり。白河法皇による院政が有名です。

 

ところが、平氏、源氏による武士による政権が誕生します。
ここで、また天皇は「お休み」。

 

武士政権への反発

武士政権のときに天皇中心の政治を復活させようとしたのが後鳥羽上皇後醍醐天皇で、後鳥羽上皇は失敗(承久の乱)。後醍醐天皇は一時的な成功(建武の新政)を収めました。

 

 

 

こうした流れの中で覚えておくと覚えやすいです。
参考にしてみてください。

成績アップは勉強法の情報収集から

page top