徳川綱吉の年表と重要事項

徳川綱吉の関連年表と重要ポイント

徳川綱吉は徳川第5代将軍で、生類憐みの令を出した将軍として教科書では出てきます。
ここでは綱吉の時代の出来事を年表形式にまとめたので、参考にしてみてください。

 

徳川綱吉に関する中学歴史レベルの関連年表

西暦徳川綱吉に関する出来事その他の出来事
1646年誕生 
1657年明暦の大火
1669年シャクシャインの戦い
1680年徳川5代将軍となる 
1685年生類憐みの令を出す1709年に廃止されるまで続く
1690年湯島聖堂を建立
1692年世間胸算用(井原西鶴)
1701年赤穂事件
1703年曽根崎心中(近松門左衛門)
1709年死去

 

徳川綱吉に関するポイント

徳川綱吉は3代将軍家光の子として1646年に誕生しました。

 

年齢が近い人物には井原西鶴(1642年生まれ)、松尾芭蕉(1644年生まれ)、近松門左衛門(1653年生まれ)など元禄文化の中心となった人がいます。

 

綱吉で最初に覚えておきたいのは生類憐みの令(1685年から1709年)です。
極端な動物愛護令で、特に犬を大切にせよというものでした。

 

このため犬公方とも呼ばれています。
公方(くぼう)とは将軍の別称です。

 

また、綱吉は孔子をまつる湯島聖堂を建立し、武士に学問(朱子学)を奨励しました。
湯島聖堂は、いまでは受験生が合格祈願に訪れる場所として有名です。

 

物価上昇を招く

幕府が財政難に苦しんでいたため、綱吉は貨幣の質を落とし数量を増やして発行しました。
その結果、物価の上昇を招くこととなりました。

 

生類憐みの令や物価上昇を招いたことで庶民の評判はあまり良いものではありませんでした。

 

忠臣蔵の将軍が綱吉

年末年始の時代劇特番などでおなじみの忠臣蔵のモデルとなったの赤穂事件が起きたのが綱吉が将軍のときです。

 

忠臣蔵では、江戸城内で刃傷沙汰を起こした浅野内匠頭が切腹を命じられるのですが、この切腹を命じた将軍が徳川綱吉というわけです。

 

また、綱吉と同時代に人物には水戸黄門のモデルとなった徳川光圀もいます。

 

新井白石の政治は綱吉のあと

新井白石による政治改革が行われたのは徳川6代将軍、7代将軍時代のことですので、徳川綱吉のあとの時代となります。ここで生類憐みの令も廃止されています。

新しい学習スタイルを手に入れよう!

page top