徳川吉宗の年表

中学歴史の重要人物「徳川吉宗」の関連年表とポイント

享保の改革や目安箱の設置など中学の歴史での頻出用語と関係のあるのが徳川吉宗です。徳川第8代将軍で米将軍とも呼ばれ、テレビドラマ「暴れん坊将軍」のモデルになった人物です。

 

まずは年表形式で時代背景をチェックしてみてください。

 

徳川吉宗に関する中学歴史レベルの関連年表

西暦徳川吉宗に関する出来事その他の出来事
1684年誕生 
1685年生類憐みの令
1688年イギリス名誉革命
1692年世間胸算用(井原西鶴)
1703年曽根崎心中(近松門左衛門)
1705年紀州徳川家藩主になる
1716年徳川第8代将軍となる享保の改革を始める
1721年目安箱を設置
1722年上米の制を実施
1732年享保の飢饉
1742年公事方御定書を制定
1751年死去

 

徳川吉宗に関するポイント

8代将軍となった徳川吉宗は幕府の財政を立て直すことなどを目的に様々な改革を行いました。
これを享保の改革と呼びます。

 

享保の改革は江戸三大改革のひとつで、最初に行われた改革です。
ほかの2つとあわせて整理すると次のようになります。

 

江戸時代の三大改革
享保の改革寛政の改革天保の改革
徳川吉宗松平定信水野忠邦
18世紀はじめ18世紀おわり19世紀半ば

関連事項を歴史順に並べると、綱吉の政治→正徳の治(新井白石)→享保の改革→田沼意次の政治→寛政の改革→大塩の乱→天保の改革となります。

 

享保の改革の内容はいくつかありますが、その一つが上米の制
大名1万石につき100石の米を幕府に献上させました。

 

その代わりに大名が参勤交代で江戸にいる期間を短くすることで、大名の負担を軽減させました。また、新田開発も奨励しています。

 

さらに、庶民から意見を聞くために設置したのが目安箱
人々の意見を広く取り入れることで改革をすすめました。

 

公事方御定書は、裁判の基準となる法令集のようなものです。
これを制定したのも吉宗が将軍のときになります。

 

飢饉への対策として、青木昆陽による「さつまいも」の栽培をすすめたのも吉宗です。
あわせて覚えておきましょう。

成績アップは勉強法の情報収集から

page top